産業用PoEネットワークソリューション

適切なPoEソリューションの選択

1本のイーサネットケーブルで電力伝送とデータ伝送を統合し、ネットワークデバイスに電力を供給するPoE(Power over Ethernet)製品は、エンタープライズ、教育、さらには家庭のアプリケーションでもますます人気が高まっています。市場に出回っている多数の産業用PoEスイッチでは、適切なスイッチを選択することは困難です。この記事では、PoE の現在の状態について簡単に説明し、次にさまざまな種類の産業用PoE スイッチの利点を分析します。

イーサネットケーブルはデバイスに電力供給用途で使用されるため、PoEデバイスは設置中に余分な電気配線の必要性を排除します。当初、PoE は主にボイス オーバー インターネット プロトコル(VoIP)電話で使用され、既存の IP ネットワークが音声データを伝送できるようにしました。PoEの人気が高まるにつれて、セキュリティカメラは市場で最も豊富なPoEデバイスの1つになりました。その後、ワイヤレスアクセスポイントは、ワイヤレス接続が遍在になるにつれて、PoEの世界に入りました。

PoE (Power over Ethernet) products

PoEアプリケーションの説明

PoE 規格

元の PoE 規格は IEEE 802.3af と呼ばれ、スイッチのポートから 15.4 ワットの電力を送信できました。各PDは、ケーブルの抵抗による損失の後、少なくとも12.95ワットを受信することが保証されていました。2009年にはIEEE 802.3at規格(PoE+とも呼ばれる)がリリースされ、ポートあたりの電力が2倍の30ワットに増加しました。最近では、新しいIEEE 802.3bt規格(PoE++)が正式化され、90ワットの電力を供給できるようになりました。

PoE Standard802.3af (Type 1, “PoE”)802.3at (Type 2, “PoE+”)802.3bt (Type 3, “4PPoE++”)802.3bt (Type 4, “4PPoE++”)
Twisted pair cables used2 pair4 pair4 pair4 pair
Power accessible to PD12.95 Watts25.5 Watts51 Watts71 Watts
PoE source Max. power delivered15.40 Watts30.0 Watts60 Watts90 Watts
PoE source Min. input voltage44V-57 Volts50V-57 Volts50V-57 Volts52V-57 Volts
Maximum current350 mA600 mA600 mA per pair960 mA per pair

犯罪率を減らす効率的な技術

PoE照明アプリケーションの1つは、侵入者を追い払うことです。監視システムが安全な場所に設置されている場合、PoE照明はEtherWANPoEスイッチと連携して効率的に照明を点灯させ、侵入者を驚かせます。UChicago Urban Labsの調査によると、効果的な照明は、侵入者がターゲットを放棄する可能性を高めるという事実により、夜間の屋外犯罪を36%削減することができます。

PoE lighting solution

産業用60ワットPoEスイッチ

最新の「4PPoE」規格を実装するこれらのマネージド スイッチは、ポートあたり最大 60 ワット(IEEE 802.3bt)の電力を PoE 受電デバイスに供給できます。これは、さらに幅広いデバイスやアプリケーションで使用できることを意味します。PoE スイッチは、ネットワークデバイスを選択して設置する際の柔軟性と利便性を高めます。

60 Watt PoE

産業用PoEメディアコンバータ

EtherWANのイーサネットメディアコンバータシリーズは、マルチモード、シングルモード、またはWDMから、距離、波長、コネクタタイプの複数の選択を備えたイーサネットからファイバトランシーバへのフルレンジを提供します。これらの産業用PoEメディアコンバータはIEEE 802.3at PoE/PSE規格をサポートし、1本のRJ45/STPケーブルを介して電力とデータを送信できます。

PoE Media Converters

PoE イーサネット エクステンダ

パワーオーバーイーサネット(PoE)技術は、その導入以来着実に人気が高まっており、その採用はより広く普及しています。しかし、PoEの欠点の1つは距離制限です。UTP ケーブルの最大有効長は 100 メートル (328 フィート) です。

EtherWANはパワーオーバーリンク(PoE)技術を開発し、電力とデータを1組のワイヤで伝送できるようにし、従来の電話回線や同軸ケーブルを使用しても動作します。PoLは、IPカメラ、コントローラ、アクセスポイントなどのエンドデバイスに必要な電力(最大30ワット)を最大1.2キロメートル(0.75マイル)の距離まで供給できます。

Hardened 10/100BASE-TX PoL/PoE Ethernet Extender over Copper Wires

PoEテクノロジーに関するよくある質問

PoE照明は、パワーオーバーイーサネットの時間と費用対効果の大きな利点とLED照明の優れた利点を兼ね備えています。その結果、高度に構成可能でエネルギー効率の高いソリューションが実現し、産業、商業、教育、さらには家庭のアプリケーションの範囲で幅広い柔軟性を提供します。最新のIEEE 802.3bt規格と組み合わされたLED技術の最近の進歩により、PoE照明は今後数年間で主流技術になることを保証します。

PoE lighting

PoE テクノロジーの利点

パワーオーバーイーサネット(PoE)技術は、ネットワークケーブルを使用してデータと電力の両方をデバイスに送信します。つまり、1 本のケーブルでワイヤレス アクセス ポイント、VoIP 電話、IP カメラ、IP TV デコーダなどのデバイスを完全にサポートできます。PoEは電源ケーブルを不要にし、ケーブル配線のコストを削減します。PoE の利点は次のとおりです。

インフラストラクチャ・コストの削減
オンケーブルが電力とデータの両方を供給するため、従来の電気配線と比較して、PoEシステムをインストールする方がはるかに安価です。PoE延長装置はまた、より簡単で安価な屋外設置を可能にします。

従来のアウトレットよりも安全性
PoE延長設置に必要な手順が少なく、電気的危険も少なくて済みます。PoEはまた、リスクや停電、機器への潜在的な損傷、および電気的過負荷を低減します。

柔軟性の向上
PoE 電源とデバイスはプラグ アンド プレイで、高度な設定が可能です。これにより、システム全体を停止または中断することなく、デバイスの追加や削除が容易になります。

接続デバイスの柔軟な一元管理
PoE制御デバイスは、最小限のダウンタイムで新しいPoEシステムに接続し直すことができます。PoEシステムは、スマートビルディングとIPベースのセキュリティシステムをより詳細に制御します。

拡張性の向上
PoE ネットワークは、新しい場所にデバイスを追加する必要が生じた場合に簡単に拡張できま。

 

元の PoE 規格は IEEE 802.3af と呼ばれ、スイッチのポートから 15.4 ワットの電力を送信できました。各PDは、ケーブルの抵抗による損失の後、少なくとも12.95ワットを受信することが保証されていました。2009年にはIEEE 802.3at規格(PoE+とも呼ばれる)がリリースされ、ポートあたりの電力が2倍の30ワットに増加しました。最近では、新しいIEEE 802.3bt規格(PoE++)が正式化され、90ワットの電力を供給できるようになりました。

PoEには4つの標準電圧があり、IEEE 802.3af(15.4ワット)IEEE 802.3at(30ワット)IEEE 802.3bt(60ワット/ 90ワット)

*PoE規格の詳細情報を見る

* EtheWAN PoE および PoE+ スイッチの詳細を表示する

PoE Standard

違いは供給できる電力の量です。IEEE 802.3af は、イーサネットケーブルで 15.4 ワットをサポートします。IEEE 802.3atは、イーサネットケーブルを介して最大30ワットを供給できます。

PoEでは、イーサネットケーブルはデバイスに電力を供給するために使用され、PoEデバイスは設置中に余分な電気配線の必要性を排除します。当初、PoE は主にボイス オーバー インターネット プロトコル(VoIP)電話で使用され、既存の IP ネットワークが音声データを伝送できるようにしました。PoEの人気が高まるにつれて、セキュリティカメラは市場で最も豊富なPoEデバイスの1つになりました。その後、ワイヤレスアクセスポイントは、ワイヤレス接続が遍在になるにつれて、PoEの世界に入りました。

動画:EtherWANPoEスイッチ機能(パワーオーバーイーサネット)

 

いいえ。PoEは標準のCat 5イーサネットケーブルを使用して、電力とデータの両方を提供します。

それはすべて、使用するPoEデバイスのタイプと性質によって異なります。元の PoE 規格(IEEE 802.3af)では、スイッチのポートから 15.4 ワットの電力を送信できました。各PoE延長装置は、ケーブル抵抗を考慮して、少なくとも12.95ワットを受信することを保証できます。新しいIEEE 802.3at規格(PoE+とも呼ばれます)は、ポートあたりの電力を30ワットに倍増させます。

新しい受電デバイスは、この進歩を利用しており、これまで以上に多くの電力を必要としています。現在のデバイスに 802.3af (PoE)標準電力量しか必要としない場合でも、今後追加するデバイスのタイプと要件を考慮する必要があります。802.at (PoE+)が進むべき道かもしれません。

違いは、スイッチがネットワーク上の受電デバイスに供給できる電力量にあります。元の PoE 規格 (IEEE 802.3af) では、スイッチのポートから 15.4 ワットの電力を送ることができました。各デバイスは、ケーブル抵抗を考慮して、少なくとも 12.95 ワットを受け取ることが保証されます。

新しい IEEE 802.3at 標準 (PoE+ とも呼ばれます) では、ポートあたりの電力が 2 倍の 30 ワットになります。新しい電動デバイスはこの進歩を利用しており、これまで以上に多くの電力を必要とします。

詳細情報を見る

あなたが興味を持っているかもしれないより多くの製品

ALL (9)
Unmanaged PoE Switches (7)
60W PoE Solutions (4)
PoE Media Converters (1)
PoE Ethernet Extenders (1)
Hardened Managed 12-Port Gigabit PoE and 4-Port 10G SFP+ Ethernet Switch

EX78900X シリーズ

広範囲動作温度対応産業用/管理型 12ポート 10/100/1000BASE-T(X) +4ポート 1G/10G SFP+ PoE ギガビット イーサネットスイッチ
Hardened Managed 10 to 16-Port Gigabit PoE Ethernet Switch

EX78900E シリーズ

広範囲動作温度対応産業用/管理型 8/12ポート 10/100/1000BASE-T(X) +2/4ポート 100/1000BASE SFP PoE ギガビット イーサネットスイッチ
Hardened Managed 28-Port Gigabit PoE Ethernet Switch

EX75900 シリーズ

広範囲動作温度対応産業用/管理型 24ポート 10/100/1000BASE-T(X) +4ポート 1G/10G SFP+ PoE イーサネット スイッチ
Hardened unmanaged 8-port 10/100/1000BASE (8 x PoE) with 2-port 1000BASE-X (SX/LX/SFP) Ethernet Switch

EX46900A シリーズ

広範囲動作温度対応/非管理型 8ポート 10/100/1000BASE (8 x PoE) +2ポート1000BASE-X (SX/LX/SFP) イーサネ ット スイッチ
Hardened 10/100BASE-TX PoL/PoE Ethernet Extender over Copper Wires

ED3538

産業用 10/100BASE-TX PoL/PoE 電話線 イーサネット エクステンダー
Hardened PoE 10/100/1000BASE-T to 100/1000BASE Dual Rate Media Converter

EL2242

産業用 PoE 10/100/1000BASE-T と 100/1000BASE デュアルレート メディアコンバータ
travelers_safe

旅行者の安全を守るために世界最大の空港を接続し続ける

世界最大の空港で照明とセキュリティカメラを接続するには、信頼性、機能性、最小限のメンテナンスを実現するソリューションが必要です。このプロジェクトのインフラストラクチャが都市規模であることを考えると、ターミナル内で乗客の安全を確保するために信頼性が最優先になります。トルコのイスタンブールの黒海に位置する世界最大の空港の建設は、6月の時点でほぼ90%完了しており、年間1億5,000万人以上の乗客を収容できます。 EtherWANは、複雑な屋外照明システムとHDセキュリティカメラのネットワークに接続ソリューションを提供するたパートナーとして選ばれました。
weigh-in-motion

WIM(Weigh in Motion)による運転の高速化と効率化

台湾では、M.O.T.C.のFreeway Bureauによると、2020年に約850万台のトラックが重量チェックのために計量所に入り、毎日23,000件の計量事故が発生しています。トラックの重量が大きすぎると、道路の舗装が損傷し、保守部門がより多くの労力を費やし、保守コストが増加します。更に、重量オーバーのトラックではパンクの可能性が高くなり、ドライバーにリスクと危険をもたらします。
tainan_railway

PoEシステムで始まる安全で快適な旅を

鉄道は快適な交通手段であり、旅行者はある地点から別の地点へ便利かつ快適に移動できます。ただし、安全は駅やプラットフォームの乗客にとって最優先事項であり、セキュリティの監視は鉄道管理者にとって重要な課題になります。カメラを適切に配置することで、乗客の安全を確保し、立ち入り禁止区域への不正侵入を防ぎ、乗客が誤って所持品を置き忘れていないかどうかを監視できます。