Back to top

WIM(Weigh in Motion)による運転の高速化と効率化



バックグラウンド

台湾では、M.O.T.C.のFreeway Bureauによると、2020年に約850万台のトラックが重量チェックのために計量所に入り、毎日23,000件の計量事故が発生しています。トラックの重量が大きすぎると、道路の舗装が損傷し、保守部門がより多くの労力を費やし、保守コストが増加します。更に、重量オーバーのトラックではパンクの可能性が高くなり、ドライバーにリスクと危険をもたらします。


世界的な道路利用の増加に伴い、政府、道路所有者、運営者は交通の監視と高速道路の維持という課題に直面しています。トラックが頻繁に過負荷になると道路がすぐに損傷する可能性があるため、これらの作業は困難です。

 


Weigh In Motion(WIM)テクノロジーは、交通量の監視、重量の取締、重量ベースの通行料に最適なソリューションです。確立されたWIMシステムは、道路インフラを持続的に管理・保護する鍵となります。


チャレンジ

  • 設置:作業ユニットは、過酷な温度で動作できる必要があります。システムは、ファンなしで0〜70°Cで動作する必要があります。
  • バックアップ:データの冗長送信と冗長電源入力の可用性をサポートするために必要なネットワークデバイス。
  • システムは、EMI、EMS、FCC、CE、UL等の最高水準の認証を取得していること。
  • 管理:デバイスは、少なくともLiteレイヤー3機能をサポートする機器であること。

ネットワークソリューション


EtherWANのEX78900E PoE Liteレイヤー3マネージドスイッチは、台湾中部のWIMステーションの建設に採用されました。このデバイスは、監視システムと効果的に統合できる802.3btの標準PoE電力60W出力を提供するだけでなく、最も厳しい安全性と品質の基準も満たしています。屋外設置用のアプリケーションを確保するために、STPケーブルを介してPoEポートで6kVのサージ保護を提供しており、計量ステーションに設置するためのWIM統合に最適なオプションです。これは、自動化されたリアルタイムの交通データ収集、洗練されたインフラストラクチャ計画、最適化された道路保守、改善された交通流の均一性にとって最適な選択肢です。

 


結論

EtherWANは、卓越した信頼性と堅牢性を備えたPoEシステムを提供することにより、安全でインテリジェントな輸送の実現を常に支援しています。


Related products:


EtherWAN – " When Connectivity is Crucial "
For more information, please contact: [email protected]