Back to top

旅行者の安全を守るために世界最大の空港を接続し続ける



バックグラウンド

世界最大の空港で照明とセキュリティカメラを接続するには、信頼性、機能性、最小限のメンテナンスを実現するソリューションが必要です。このプロジェクトのインフラストラクチャが都市規模であることを考えると、ターミナル内で乗客の安全を確保するために信頼性が最優先になります。トルコのイスタンブールの黒海に位置する世界最大の空港の建設は、6月の時点でほぼ90%完了しており、年間1億5,000万人以上の乗客を収容できます。 EtherWANは、複雑な屋外照明システムとHDセキュリティカメラのネットワークに接続ソリューションを提供するたパートナーとして選ばれました。

空港は規模が大きいため、リンクする必要のある外部照明とカメラが多数あります。

EtherWANがサポートすることになった堅牢な外部照明システムは、Digital Addressable Light Interface(DALI)ネットワークを通して制御されています。DALIは、接続されている全てのコンポーネントに単一のインターフェイスを提供する照明制御システムです。バラストから変圧器、緊急用フィッティングまで、DALIは異なるメーカーの異なる製品を集中的に動作させることができます。

DALIシステムは照明を接続するだけでなく、高度な外部セキュリティシステムの一部である数千個のマイクロ波センサー、モーションセンサー、PLC(プログラマブルロジックコントローラー)、リレーモジュールを接続します。 各DALIゲートウェイには最大64台の機器が接続されます。

デバイスによって生成された膨大な量のデータは、仮想データセンターに送られます。そのデータセンターでは、コントローラーがネットワーク全体の機器を監視し、遠隔操作を行います

 

チャレンジ

DALIシステムは空港のIPネットワークと完全に統合する必要があり、最終的には、数百のサードパーティゲートウェイをイーサネットスイッチに確実に接続する必要があります。更に、個別のセキュリティカメラに電力を供給するためにPoE(Power over Ethernet)も必要でした。 DALIデバイスネットワークとセキュリティデバイスネットワークの両方が100%信頼性と互換性を備えている必要がありました。


ソリューション

このプロジェクトの規模に関するロジスティックの課題を理解した上で、DALIシステムとセキュリティカメラをサポートするために、2つのEtherWANハードマネージドスイッチモデルが選択されました。ファイバーポートを持たない一連のEX61800A-00Bスイッチは、銅線イーサネットケーブルを使用してデイジーチェーンでセットアップされました。 EX78802 は、IPセキュリティカメラに必要なPoEポートを提供しました。両スイッチのハード化された仕様により、温度制御されていない領域で使用された場合でも安定したパフォーマンスが保証されました。ネットワークを可能な限り堅牢に保つために、2つの独自のEtherWAN冗長プロトコルが採用されました。アルファリングと冗長ペアです。 .

アルファリングは 、1つのセグメントがバックアップパスとして非アクティブ化されたままになっているイーサネットリングトポロジです。これにより単一のネットワーク障害が発生した場合でも、セキュリティカメラの映像が中断されることはなく、空港の安全性が高まります。リングのいずれかのセグメントが切断または障害が発生すると、バックアップパスが起動し、15ミリ秒以内に接続が再確立されます(データストリームに目立った中断が発生する前)。

The "「冗長ペア」プロトコルは" 、ネットワークの安定性を保ちながら、より大規模で複雑なトポロジーへの対応を可能にします。この例では、冗長ペアプロトコルが別々の冗長リングを相互に接続します。253のグループをサポートし、50ミリ秒のフェイルオーバー時間で柔軟性と拡張性を向上させています。冗長ペアはサードパーティのプロトコルと互換性があり、全てのシステムのシームレスな統合を可能にします。たとえば、以下のトポロジ図を参照してください。


結論

世界最大空港の規模のため、旅行者の安全を守るためにより新しいスマート接続ネットワークが使用されました。最新の照明及びセキュリティシステムは、空の旅の中断を最小限に抑えるために、ノンストップでエラーなしで動作する必要があります。何千ものデバイス、複数のベンダー、独自のプロトコルが使用されているため、EtherWANの高性能ネットワーク機器は、その高い互換性と汎用性により、このプロジェクトに適合しました。


Related products:


EtherWAN – " When Connectivity is Crucial "
For more information, please contact: [email protected]