Go To

PoEスイッチの理解を簡単にする

PoEスイッチの理解を簡単にする

PoEスイッチはイーサネットケーブルを通して対応機器に直接電力を供給できるスイッチです。これにより、個々の機器に電源コンセントを用意する必要がなくなり、配線を簡素化し、コストを削減できます。
PoEスイッチは無線アクセスポイント、監視カメラ、IP電話、照明、さらにはさまざまなIoT機器といったネットワーク機器に電力を供給できます。さらに、電力割り当ての優先順位付けや最適化に優れており、重要なネットワーク機器の最適なパフォーマンスを保証します。
あなたのネットワークインフラにシームレスな電力供給をもたらす、PoEスイッチのメリットをぜひご検討ください。



パワーオーバーイーサネット(PoE)の欠点

PoE が数々の利点をもたらす一方で、距離制限という欠点があります。IEEE 802.3af (PoE) と IEEE 802.3at (PoE+) では、UTP ケーブルの場合、最大距離が 100 メートルに制限されています。さらに、PoE スイッチは標準スイッチよりも価格が高いため、導入当初のコストがやや高くなります。

PoE エクステンダーを使用してイーサネットネットワークを100メートルを超えて拡張する
over a distance of 1.2 kilometers (0.75 miles).イーサネット給電(PoE)技術はネットワーク機器に電力を供給する便利な方法ですが、伝送距離が制限されています。従来のUTPケーブルでは、PoE規格(IEEE 802.3af)とPoE+規格(IEEE 802.3at)ともに最大100メートルです。そこで、EtherWANは革新的な Power over Link (PoL) technology技術を開発しました。PoLは、1本のペア線で電力とデータを同時に伝送できるため、配線を大幅に簡素化できます。従来の電話線や同軸ケーブルでもシームレスに動作し、最大30ワットの電力を最大1.2キロメートル(約0.75マイル)離れたIPカメラ、コントローラー、アクセスポイントなどの端末に供給できます。


PoEスケジューリング

PoE給電デバイスを24時間365日稼働させると、エネルギーの無駄やセキュリティリスクなどの課題が生じます。ワイヤレスアクセスポイントなどの「常時オン」デバイスの脆弱性は、営業時間外はネットワークから切り離すことで防ぐことができます。セキュリティ対策は、セキュリティに重要でないデバイスの自動シャットダウン、不要な電力消費の抑制、全体的な運用効率の向上により、コストとエネルギー効率を最適化します。

PoE Watchdog

PoE ウォッチドッグで監視システムの信頼性を強化し、カメラに障害が発生した場合に受電デバイスを自動的に監視して再起動することで、中断のない動作を保証します。ダウンタイムの不確実性を排除し、トラブルシューティングの緊急性と頻度を軽減し、システムのパフォーマンスと安心感を向上させるためのプロアクティブなソリューションに投資します。

PoE と PoE+ の違い

IEEE 802.3af として知られる初期の PoE 標準はスイッチポートあたり 15.4 ワットの電力の伝送を容易にしました。ケーブル抵抗損失を考慮した後、各 PD には最低 12.95 ワットが保証されました。 2009 年にIEEE 802.3at 標準 (PoE+) が導入され、ポートあたりの電力が 2 倍の 30 ワットになりました。最新規格である IEEE 802.3bt (PoE++) が最近確立され、90 ワットという驚異的な電力供給が可能になりました。




要件を満たすPoEスイッチを選択してください

6KV サージ保護は突然の電力サージによって引き起こされるイーサネットポートへの電気的損傷を防止し、データ伝送の信頼性を確保し、機器への予期せぬ損傷を回避します。

OttoE PoE (H)

Gigabit
IEEE 802.3bt (90W) (6Kv)
PROFINET, EtherNet/IP
L2
- 10 to 60℃ / - 40 to 75°C

EX41922-T

Gigabit
IEEE 802.3at (30W)
Dual Rate SFP
L2
- 40 to 75°C

EX78900X

10 GbE
IEEE 802.3bt (90W)
PoE lighting Solution
L2/L3
- 40 to 75°C

EX78900H

Gigabit
IEEE 802.3bt (90W)
IEEE 1588
L2/L3
- 40 to 75°C

EX78900E

Gigabit
IEEE 802.3bt (60W) (6Kv)
PoE 250m / IEEE 1588
L2/L3
- 40 to 75°C

EX78900 Series

Gigabit
IEEE 802.3bt (60W)
PoE 250m / IPv6
LL3
- 40 to 75°C
お問い合わせ

EX78000 Series

Fast + Gigabit Ethernet
IEEE 802.3bt (60W)
PoE 250m
L2
- 40 to 75°C
お問い合わせ

EX75900 Series

10 GbE
IEEE 802.3bt (60W)
Dual-rate SFP / IEEE 1588
L2/L3
- 40 to 75°C
お問い合わせ

250メートル以上のPoE伝送

EtherWAN の PoE スイッチを使用して、IP 監視セットアップにおけるケーブル長の制限という一般的な課題を克服します。標準の100メートル制限の 2 倍となる、最大 250 メートルの拡張 PoE 範囲を体験してください。拡張モードを簡単に有効にすると、追加のハードウェアや複雑な構成を必要とせずに、単一の PoE ポートでより長い伝送距離をサポートできるようになります。コスト効率が高くユーザーフレンドリーなアプローチで監視ソリューションを強化し、PoE 到達範囲を拡張し、現場の設置における柔軟性と効率を確保します。

注記 :

PoE 拡張モードが有効な場合、スイッチと連携するためにエンドデバイスも「強制-10Mbps全二重」に設定してください。導入前に機能を事前テストすることをお勧めします。 PoE の最大伝送可能距離は、PD と PSE のネゴシエーション結果によって異なります。 EtherWAN PoE/PSE スイッチを使用する一部の PD は、標準距離 100 メートルのみをサポートする場合があります。サポートが必要な場合は、EtherWAN にお問い合わせください。