アンマネージドスイッチ - 産業用イーサネットスイッチ

マネージドとアンマネージドネットワークスイッチはどちらが最適ですか?

小規模なネットワークや特定専用アプリケーションの場合、強化されたアンマネージドスイッチは、マネージドデバイスの経済的な代替手段となります。アンマネージドスイッチは、全二重操作とIEEE 802.3xフロー制御をサポートし、デイジーチェーンまたはアルファチェーンアプリケーションでよく使用されています。一部のデバイスでは、重要な接続を監視するために、DIP スイッチを介して電源およびリンク障害のアラームを構成できます。多様な取り付けオプションには、DINレール、パネル、またはラックを含まれています。

Unmanaged Network Switch

マネージドイーサネットスイッチ VS アンマネージドイーサネットスイッチ

複数のイーサネットデバイスを同一場所に接続する場合は、イーサネットスイッチが最適です。コンセントに差し込むだけの簡単なことのように思えるかもしれませんが、ネットワークを確実に強固なものにするために考慮しなければならない重要な点があります。 価格以外にマネージドスイッチとアンマネージドスイッチは違いますか?

マネージドvs.アンマネージドイーサネットスイッチ

マネージドスイッチは、ネットワークのステータスに関する情報を提供することで、ネットワークに付加価値を提供します。これには、高帯域幅の消耗、予想外のポート接続、電源障害などが含まれています。さらに、マネージドスイッチは冗長性を対応しています。これは、接続を常に維持する必要がある場合に重要な機能です。マネージドスイッチを使用すると、管理者はネットワークを完全に最適化するために構成、管理、および監視することもできます。

 

アンマネージドスイッチは、よりシンプルで使いやすく、経済的なものですが、監視、アラート、またはアラームを対応していません。デバイスが少なく、VLANなし、基本的な接続が主な目的である単純なアプリケーションでは、多くの場合これらが最適な選択です。

#マネージドスイッチアンマネージドスイッチ
特徴QoS, SNMPなどいくつかの特徴。ほとんど固定構成。
パフォーマンスユーザー定義のパラメーターに基づいて、高度に構成可能で、ネットワークトラフィックを制御。 リモートでのトラブルシューティングを許可。プラグ&プレイ。 QoS 設定を構成できるものもあります。
セキュリティデータ、管理、およびコントロールプレーンのセキュリティプロトコル物理的なセキュリティのみ
コスト購入、インストール、および保守の費用が高くなります。より安価
アプリケーション3 つ以上のノードを持つ大規模なネットワーク。家庭、オフィス、研究所などの小規模ネットワーク。

アンマネージドイーサネットスイッチに関するよくある質問

アンマネージドスイッチは、管理または監視オプションを対応しないプラグ アンドプレイデバイスです。セットアップは簡単で、特別なネットワークの知識は必要ありません。これらは、基本的なスイッチングを提供する経済的な選択肢です。

アンマネージドスイッチのセキュリティは非常に基本的で、キャビネットのロックやポートカバーの固定など、物理的なアクセスコントロールに依存しています。アンマネージドスイッチへの物理的なアクセスを防止することで、一連の侵入の試みを最小化または排除することができます。

アンマネージドイーサネットスイッチにはマネージドスイッチのセキュリティ機能がないため、アンマネージドスイッチの物理的なセキュリティは非常に重要です。それらは施錠されたキャビネットまたは制限されたエリアに保管する必要があり、未使用のポートはロックするか無効にして、侵入者がデバイスにプラグインするのを防ぐ必要があります。

アンマネージドスイッチとネットワークループに問題があることは可能です。ほとんどの場合、マネージドスイッチにはスパニングツリープロトコル (STP) と呼ばれるループ検出機能があります。 ただし、アンマネージドスイッチがネットワークトポロジで正しく設定されている場合、問題は発生しません。

いいえ。マネージドスイッチとアンマネージドスイッチは、基本的に同じ速度で動作します。ただし、マネージドスイッチには通常、微調整された全体的なネットワークパフォーマンスを向上させるトラフィック制御プロトコルがあります。