Go To

16ポートPoEスイッチ

    

EtherWANの産業用16 ポート PoE スイッチが幅広い管理機能、ギガビット イーサネット、10 ギガビット イーサネット、および PoE 機能が含まれており、すべてのネットワークニーズに対応します。中小企業であろうと大企業であろうと、当社のスイッチはネットワーク要件を満たすように設計されています。今すぐ EtherWAN の PoE スイッチを調べて、それがもたらすネットワークパワーを体験してください。

      

PoE スイッチとはどこで使用できますか?

適切な PoE スイッチの選択と PoE スイッチの使用方法 – 簡単な概要

PoE スイッチでネットワーク効率を最大化: アプリケーションと利点の詳細

EtherWAN 産業用イーサネットおよび PoE スイッチでネットワークを強化

        

16ポートのPoEスイッチはどのくらいの電力を消費しますか。

16ポートのPoEスイッチの消費電力は、モデル、パワーバジェット、およびPoE規格など、いくつかの要因に影響を受けます。EX78900XシリーズのPoEスイッチは、最大消費電力が90W、非PoE消費が最大20Wで、トップクラスの性能を誇るオプションです。IEEE 802.3af(タイプ1)デバイスを最大15.4Wの出力でサポートし、IEEE 802.3at/bt(タイプ2/3)デバイスをポート電圧(46-57VDCまたは52-57VDC)に応じて最大30Wまたは60Wの出力でサポートします。IEEE 802.3bt(タイプ4)デバイスに対しては、電圧が54-57VDCで最大90Wの出力を提供できます。ネットワークニーズに対応するために、EX78900XシリーズのPoEスイッチのパワーと効率を体験してください。

入力 46-57VDC冗長(端子ブロック)**

46-57VDCは、IEEE 802.3afタイプ1、≤15.4W PDデバイス用です。 **
52-57VDCは、IEEE 802.3at/btタイプ2/3、30W、60W PDデバイス用です。
54-57VDCは、IEEE 802.3btタイプ4、90W PDデバイス用です。

消費電力

最大20W(PoEなし)

PoE電力出力

ポート1-12:1ポートあたり最大90W;
パワーバジェット: 360W

24ポートスイッチと48ポートスイッチの違いは何でしょうか?

24ポートスイッチと48ポートスイッチの主な違いは、それぞれ提供するイーサネットポートの数です。24ポートスイッチは24ポートを持ち、一方、48ポートスイッチは48ポートを提供します。2つのスイッチの間を選ぶ際には、ネットワーク要件、デバイスの数、および電力リソースを考慮することが重要です。48ポートスイッチは、追加のポートのための追加ハードウェアにより、通常よりも多くの電力を消費するためです。

  • 広範囲動作温度対応産業用/管理型 12ポート 10/100/1000BASE-T(X) +4ポート 1G SFP+ PoE ギガビットイーサネットスイッチ
    Hardened Managed 12-Port Gigabit PoE and 4-Port 1G SFP Ethernet Switch
    90W
    L2/L3
    PoE
    SFP
  • 広範囲動作温度対応産業用/管理型 12ポート 10/100/1000BASE-T(X) +4ポート 1G/10G SFP+ PoE ギガビット イーサネットスイッチ
    Hardened Managed 12-Port Gigabit PoE and 4-Port 10G SFP+ Ethernet Switch
    10G
    90W
    L2/L3
    PoE
    SFP
  • Lite L3 広範囲動作温度対応産業用/管理型 16ポート (8 x PoE) ギガビット イーサネット スイッチ
    EX78900 Series Hardened Managed 16-port (8 x PoE) Gigabit Ethernet Switch
    L2/L3
    PoE
    SFP