活用事例

インターネットデータセンターにおけるエネルギー管理の改善



バックグラウンド

最新のインターネットは、様々な規模のデータセンターによってサポートされています。Tier 4と呼ばれる最大のデータセンターは倉庫サイズであり、数千台のマシンが設置されています。これらのデータセンターに必要な電力は膨大であり、最適な電力使用効率(PUE)を実現するためには、一貫性のある高信頼性の電力が絶対的に必要であることに加え、停電によるダウンタイムの莫大な潜在的コストを考慮に入れる必要があります。近年、電力管理システム(PMS)により、リアルタイムの温度及び電力ステータス情報にアクセスし、必要に応じて施設全体の調整を行う機能を備えています。

多国籍コンテンツプロバイダーは、台湾に大規模な新データセンターを建設しており、最大のエネルギー効率と信頼性を実現するために、高度なPMSを導入する必要がありました。このシステムは、プライマリとバックアップ電源の両方を管理し、大規模なデータセンターキャンパス全体の3つの大きな建物に設置されています。この重要なシステムを支えるネットワークインフラストラクチャとして、同社はEtherWANを採用した。


チャレンジ

PMSアプリケーションの下位レベルでは、監視制御及びデータ収集(SCADA)システムが、膨大な数のシリアル電力計とPLCのリアルタイム監視を提供し、警告メッセージを受信すると自動的にアクションを実行します。上位レベルでは、PSMサーバーとOPCサーバーは、Modbus TCPとSNMPを使用し、電力計と全てのイーサネットスイッチの状態を監視します。このシステムでは信頼性の高い通信が最も重要であるため、信頼性の高いネットワーク冗長性を備えた強化されたソリューションが必要です。


アプリケーション要件

  • フェイルオーバー時間を最小限に抑えた堅牢なネットワーク冗長性
  • SNMPプロトコルのサポート
  • ファイバー接続時のリンクフォールトパススルー

ソリューション

データセンターのキャンパスには、大きな建物2棟と小さな建物1棟の合計3棟の離れがあります。2つの大きな建物には、カテゴリ5e銅ケーブルで接続されたEX77000ハードマネージドギガビットイーサネットスイッチがそれぞれ15台ずつ設置されています。各スイッチは一連のPLCに接続され、温度とデバイスデータを常時OPCサーバーに送り返し、サーバーからPLCへの指示を中継します。EX77000は極端な温度変更に強く、電磁干渉に対する高耐性を備えているため、環境条件によるデバイス障害の危険性を最小限に抑えます。2つのEL2211 Seriesシリーズ10/100/1000BASE-TXから1000BASE-SX/LX/BXメディアコンバータでサポートされる2つの光ファイバーケーブルリンクは、構造を接続し、大きなアルファリングを形成します。メディアコンバータはリンクフォールトパススルー(LFPT)に対応しているため、銅線リンクで障害が発生すると、障害状態が渡され、ファイバリンクと反対側の銅線リンクが無効になります。これにより、接続されたスイッチが失われるパケットを送信するのを防ぎ、Alpha-ringがプロトコルブロックされたポートを即座に(15ミリ秒以下で)有効にし、接続を修復してデータスループットを再開できるようにします。

3つ目の小さな建物では、9台のEX77604とEX73402のマネージドイーサネットスイッチの組み合わせがPLCに接続され、アルファリングに配置されています。極端な温度環境での持続的な操作に適しており、ISA12.12.01クラスI、ディビジョン2認証を取得しているため、爆発性環境での使用に適しています。


結論

大規模なデータセンターでは、電力は重要で容量を制限するリソースです。 効率と電力計画を最大化するには、施設全体の電力監視と管理システムが必要です。これらのシステムは、防災と対応の機能を向上させるだけでなく、詳細な電力メトリックも提供するため、組織はデータセンターの運用とPUEを向上させることができます。このようなPMSでは、ハードウェアとネットワークソフトウェアの両面でネットワークの可用性を最大化する必要があります。EtherWANは独自の冗長プロトコルと大規模プロジェクトにおける技術的専門知識により、同社はデータセンター施設のネットワークの要件を満たすのに適した立場にあります。


Related products:


EtherWAN – " When Connectivity is Crucial "
For more information, please contact: [email protected]