Back to top

ファクトリーオートメーションは、生産を監視及び制御する多数のセンサーとアクチュエータを使用します。センサーとアクチュエーターは、自動車産業のロボット、サスペンショントラック、ポータブルツールに配置され、フライス盤や旋盤などの工作機械のデータを収集し、回転ロボットを制御します。ファクトリーオートメーションの主な目的は、制御システムと情報技術を使用し、人間の介入を減らすことです。自動化を使用する主な利点は、工場機能の生産性を高め、人件費を削減することです。ただし、デバイスまたはリンクダウンのいずれかの障害がシステムを危険に晒し、データ損失を引き起こします.従って、信頼性と冗長性はファクトリーオートメーション環境の最も重要な要素です。EtherWANのαリングテクノロジーは、ネットワークリンクがダウンした場合に15ms という非常に高速な回復時間を提供し、従来の機器を最新の制御システムに接続するコネクティビティを提供し、過酷な環境条件を監視する機能を提供します。

     

画像が表示されない場合、 こちらにリンクしてください。- June 2021

© EtherWAN Systems, Inc. All rights Reserved.

If you do not want to receive this e-bulletin in the future, please click the unsubscribe link.
EtherWAN is committed to compliance with all applicable data protection laws