Select another country or region to see the content that is available for your location
Continue

Case Studies

パンデミック予防 – ネットワーク化された赤外線カメラ



バックグラウンド

2020年、COVID-19ウイルスは世界中に広がりました。感染者の治療はもちろんのこと、集団感染を防ぐための公的な措置は非常に重要です。

COVID-19に感染した人は、一般的に高熱の症状が出ます。赤外線カメラは、体温の高い人をすばやく識別できます。高体温の人は、適切な医療機関に移動して診断を受け、隔離を促すことができます。スキャンは瞬時に行われ、接触がなく、離れた場所からデータを表示できるため、混乱が最小限に抑えられ、相互汚染やカメラ観察者への危険のリスクが低くなります。

赤外線カメラは、地下鉄、電車、空港、官公庁、商業施設などで流行の検知に広く使われています。収集されたデータは、分析や追跡の目的で送信され、データセンターに保存される必要があります。多くの赤外線カメラシステムには、顔認識機能が搭載されています。これにより、アラートをトリガーする人を特定できます。このタイプのデータは、プライバシーの懸念を満たすために安全な収集と送信を必要とします。

これらの赤外線検出システムはポータブルに設計されているため、スポーツイベントなど、必要な場所に持ち運び、設置することができます。4G/LTEソリューションは、モビリティだけでなく、安全なVPN暗号化を通じて安定したデータ送信とデータセキュリティも提供します。

機器の展開を監視する場合、ゲートウェイには、4G接続状況、RSSI、VPNトンネル状況など、製品状態を定期的に報告する機能が必要です。
また、短期的な流行が収束しないことを考えると、長期的な発生に対処するために、機器の耐久性と保証期間を延長する必要があります。


チャレンジ

従来のデータ収集システムでは、記録を残すために現地に設置する必要があります。展開は面倒で、機動性にも不十分です。複数の場所からデータを収集することは容易ではなく、データの追跡や保存も非常に困難です。


システム要件は次の通りです。

  • 4G/LTEの導入
  • VPN暗号化
  • 伝送の安定性
  • 高い携帯性
  • シグナルレポート
  • 産業レベルの品質
  • 長期保証

ネットワークソリューション:EW50シリーズ

EtherWANのEW50産業用4Gゲートウェイソリューションは、このようなアプリケーションに最適です。EW500は、重要なインフラストラクチャと産業用アプリケーション向けに設計されたインテリジェントな産業用グレードの4Gゲートウェイです。ファンレス冷却と粒子の侵入に対するIP30保護を備えた金属製ハウジングを備えています。また、フェイルオーバー用のデュアルSIMカードをサポートし、データフローがほとんど中断されないようにします。 EW50には、パケットフィルタ、URLブロッキング、コンテンツフィルタ、MAC制御、アプリケーションフィルタ、侵入防止システム(IPS)などのファイアウォール機能も多数搭載されています。

監視場所に設置されたEW50は、赤外線カメラに接続されています。次に、VPNとその4Gインターネット接続を使用して、画像データを中央管理センターに中継します。この堅牢な4Gソリューションは、赤外線システムに安定した信頼性の高いデータ転送を提供し、世界中の社会をより安全に貢献しています。


Related Products:


EtherWAN – " When Connectivity is Crucial "
For more information, please contact: [email protected]