Back to top

ITS監視用バイク



バックグラウンド

スマート監視システムは、ワンサイズで世界中の都市に対応することはありません。市民からプライバシーに関する懸念と警察組織の説明責任の確保により、新しい監視システムの導入は屡々微妙な話題になります。世界中で監視体制が継続的に成長している中、4G LTEは、バイクを含み、主要都市を監視する新方法が可能になります。

世界の主要都市が公共安全インフラプロジェクトに多額の投資を行っている中、ある大都市はユニークなアプローチを採用しています。 警察は、ボディカメラの代わりに、バイクベースのスマート監視システムを採用し、高品質でリアルタイムの画像解析を行うことで、これらの都市居住者の高レベルのセキュリティと安全性を確保しています。

チャレンジ

警察の監視機能をアップグレードするために、数百台の警察用バイクに昼夜兼用のスピードドームネットワークカメラが搭載され、この機動性で動きの速いアプリケーションに適しています。このカメラは、雨やほこりから守るためのIP66規格のハウジングを備え、H.264 / MJPEG映像圧縮も対応しています。ただし、圧縮されていても、これらのカメラによって生成された大量のビデオデータを処理し、4Gで迅速、効率的、かつ安全に送信する必要があります。

ビデオデータに加えて、全てのバイクは、バッテリーマネジメントシステム(BMS)のデータを処理する必要があります。このシステムは、充電式バッテリーを安全な動作範囲外で動作しないように保護し、バッテリーの電力、電圧、温度を監視し、収集したデータを中央サーバーに報告することで、充電式バッテリーを管理します。

システム要件:

  • 過酷な温度下での作業:予測できない天候で、バイクはエアコンがないため、伝送デバイスは猛暑と猛寒の両方で確実に機能する必要があります。
  • 帯域幅:ネットワークに接続された機器は、セルラー伝送で大容量のビデオデータを配信するために、高い帯域幅が必要になります。更に、無線接続が切れてもデータが失われないことも求められました。
  • 周辺機器:デバイスは、バッテリー及びバッテリー温度センサーと接続する必要があります。
  • セキュリティ:ソリューションは、安全なインテリジェント通信を実現すること。

ネットワークソリューション:EW50産業用セルラーゲートウェイ

EW50は、バイクの後部に取り付けられたモニタリングボックスにぴったりと収まり、デュアル4G SIMカードスロットが装備されているため、プライマリ信号が失われた場合、バックアップ接続が可能です。グローバルHSPA+と4G LTEに対応したEW50は、世界の主要なセルラーネットワークに対応しており、ローカルキャリアでも問題なく機能します。

ハードウェアの接続では、EW50の1ギガビットイーサネットポートが監視カメラをリンクし、2つのRS-232シリアルインターフェイスを使用し、バッテリーとバッテリーセンサーに接続することです。セキュリティ面では、EW50は最大16チャンネルの同時接続が可能なIPSec VPNに対応しており、バッテリーと録画映像の両方のデータをVPN経由で警察本部に安全に送信することができます。また、EW50の低消費電力(わずか3〜7ワット)により、バッテリーの容量に過度の負担をかけることなく、長期間の使用が可能になります。最後に、EW50は-30°から70°Cの範囲温度で動作可能、過酷な環境でも最大高の信頼性を保証します。

結論

スマートシティの監視ニーズは、高品質なビデオ監視システムを益々必要としています。公共インフラのIoT通信の流れを進めるEtherWANは、速度、信頼性、セキュリティ、及び耐久性の観点から、今後のデータ伝送のニーズを応えることができる体制を整えており、EW50産業用セルラーゲートウェイはその優れた例です。

Related products:


EtherWAN – " When Connectivity is Crucial "
For more information, please contact: [email protected]