Back to top

主要な医療センターは、IP監視バックボーンにEtherWAN接続を採用



概要

台湾の主要な公立医療センターには1,500ベッドがあり、3,000人以上の従業員が働いています。毎日6,000人の外来患者、130人の入院患者、180人の救急患者を治療しています。また、先進な設備とトレーニングコース、優れた研究開発プログラムを備えた高品質の医療サービスも提供しています。この医療センターは複数の多層ビルで構成され、旧式のアナログ監視システムは各ビルで個別に運用されていました。クライアントは、システムインテグレーター(SI)に、完全にデジタル化された集中型の監視ソリューションで古いシステムをアップグレードするように依頼しました。


ネットワーク接続の課題

この施設は27ヘクタール(67エーカー)の広大な面積をカバーしており、建物は集中システムを形成するために長距離ファイバーケーブルでネットワーク化する必要がありました。また、大量のビデオ監視データがサーバー側に転送されると予想されていました。これは、十分な帯域幅を備えたネットワークバックボーンが絶対に必要であることを意味しました。更に、最新のIPカメラは殆どがPoE(Power over Ethernet)に対応し、強固な監視システムを構築するためには、信頼性の高いPoEと光ファイバーの接続が必要となります。


ネットワーク接続ソリューション

このSIは、建物間のネットワークを接続する8コアファイバーケーブルを備えたギガビットイーサネットバックボーンを構築し、建物間のファイバー間接続を確立するためにEtherWANのPoEスイッチが選択されました。また、460台を超えるPoEカメラが49台のEtherWANのPoEに接続されました。 EtherWANのEX17000シリーズのWebスマートPoEスイッチには、次のメリットがあります。

  • IEEE 802.3 af/at Power over Ethernet準拠、CAT5以上のイーサネットケーブルでカメラに電源を供給可能
  • Webブラウザで設定やリセットできるため、メンテナンス手間は省ける
  • ギガビットSFPトランシーバー・スロット、ギガビット・ネットワーク・バックボーンの形成が可能
  • フェイルオーバー時間が短いネットワーク冗長性
  • 仮想ローカルエリアネットワーク(VLAN)構成に対応

EtherWANは、このSIが主要な建物の各フロア専用に35のVLANセグメントを計画するのを支援しました。これにより、各ネットワークセグメントが相互干渉なしに独立して動作できるようになりました。

EtherWANは、VLANセグメントからのデータを収束するためにEX77900lite-L3マネージドスイッチを導入することも推奨しました。EX77900スイッチは、ルーティング情報プロトコル(RIP)を使用してネットワークセグメントをインテリジェントに認識し、大規模で複雑なネットワークトポロジーにおいて最適なデータ送信とルーティングを提供します。

カメラに接続されたPoEスイッチからデータを受信するために、それぞれ24ギガビットのデータポートを備えたEtherWANのEX25611L2マネージドイーサネットスイッチが採用されました。EX25611とEX77900は、コアスイッチ、NVR、またはNASストレージへのアップリンク用の10G SFP+接続に対応していました。例えば、施設の管理センターでは、NASはEX77900を介してNVRから全てのデータを受信し、セキュリティ担当者がNVRまたはIPカメラから直接に重要な映像に即座にアクセスして監視できるようにしました。

ネットワークセグメントを適切に分散することで、SIは最適化された監視インフラストラクチャを提供することができました。

1

Related products:


結果

監視システムは、設置以来、安定して確実に稼働しています。CCTVからのライブ映像はキャプチャされ、記録され、NVRと制御室にスムーズに返送されます。医療データにもIPネットワークを介してアクセスできるため、回復力のあるネットワークインフラストラクチャを通じて病院の資産と患者の安全の両方が保護されます。

EtherWANは、迅速な問い合わせ応答、ネットワーク設計の提案、技術サポートを提供し、この重要なプロジェクトが要求するパフォーマンスと価値を提供しました。


EtherWAN – " When Connectivity is Crucial "
For more information, please contact: [email protected]