Back to top

都市の重要な洪水制御システムの制御とモニタリングの強化



概要

太平洋の西端、日本とフィリピンの間に位置する台湾は、常に台風の脅威に直面しています。台風は台湾で最も深刻な自然災害であり、季節的な災害で屡々深刻な被害と人命の損失を引き起こします。台北市周辺は低地で山々に囲まれているため、台風による洪水の危険性はより高まっています。この危険性に対処するために、台湾と台北の政府は台風と洪水の影響を制御し、軽減するための対策に多額の投資を行ってきました。EtherWANスイッチは、堅牢で費用効果が高く、信頼性の高い洪水制御ソリューションを実現する上で重要な役割を果たします。


チャレンジ

洪水防止システムは、地理的に広い地域に散在する多くのコンポーネントで構成されています。リモートポンプ場と水路ゲートには、IP電話、PLCコントローラー、水位と水質を検知するセンサー等、様々なデバイスが装備されています。これらの機器が相互に連携してネットワークに接続され、市の洪水対策本部の担当者が遠隔地から状況を監視したり、水門を制御したりすることができるようにしなければなりません。

台風時にポンプ場や水門で障害が発生すると、壊滅的な被害や人命の損失につながる可能性があるため、ネットワークインフラストラクチャの信頼性が最優先されます。監視カメラにはPoE機器が必要であり、ソリューションは極端な温度と湿度に対して強化する必要があります。ネットワークのいずれかの部分に障害が発生した場合、システムの回復時間はできるだけ速くする必要があります。


アプリケーション要件

  • 既存のデバイスやセンサーとの接続
  • ネットワークスイッチの高いMTBF
  • ビデオ監視システムの接続性
  • 高湿度・高温でもフル機能
  • フェイルオーバー時間が短いネットワーク冗長性
  • 異なるサブネット内のゾーンをリンクするためのレイヤー3ネットワークルーティング
  • 最大の伝送速度と将来のシステム拡張のための1/10ギガビットバックボーン

ソリューション

システムは6つのゾーンに分割されており、将来の開発段階で更にゾーンを追加できるように構成されています。各ゾーンには、水門とポンプ場があり、その面積は約120平方キロメートル(46平方マイル)の領域に広がっています。信頼性の高いPOEを水門やポンプ場の多くのデバイスに提供するEX78000とEX76000スイッチはリング状に配置され、各ゾーンは個別のサブネットとして構成されます。EtherWAN独自のアルファリングプロトコルを採用して、接続が切断された場合の冗長性とダウンタイムの最小化を実現します。フルギガビットの24ポートマネージドスイッチであるEX77900は、アルファリングサブネットを2台のEG99000レイヤー3スイッチに接続します。これらのスイッチは、サブネットから地域本社へIPルーティングを提供し、堅牢な10ギガビットバックボーンとして機能します。全てのスイッチは、真夏の高温多湿などの過酷な条件に耐えるように設計されています。


結論

最新の洪水防止システムは、数十のポンプ場と水門で構成でき、それぞれに多数のデバイスとコントローラーがあり、リアルタイムのデータ監視が不可欠です。EtherWANスイッチは、このような重要な洪水防止ネットワークインフラストラクチャに非常に適していることが証明されています。銅線と光ファイバー接続の両方をサポートする強化グレードの機器は、アルファリングテクノロジーとレイヤー3ルーティング機能と組み合わせて、生命と財産が危険にさらされている重要な都市全体のネットワークに非常に信頼性が高く経済的なアプローチを提供します。



Related products:


EtherWAN – " When Connectivity is Crucial "
For more information, please contact: [email protected]