Back to top

現代の高度道路交通システムへの電力供給と有効化


バックグラウンド

カリフォルニア州にある、プロスポーツチームや大規模なスポーツイベントが開催される賑やかな大都市。市内の主要道路の交通流と安全性を向上させるために、既存の中央交通管制システムを拡張することが決定されました

主な目標は、10Gネットワークバックボーンでサポートされる高度道路交通システム(ITS)を備えたこの地域で最初の都市になることでした。同市のアップグレードされたネットワークインフラストラクチャは、10Gをサポートし、何層もの冗長性を提供するように設計されました。

同市のネットワークは、Open Shortest Path First(OSPF v2)プロトコルを利用して、帯域幅を損なうことなく、複数のファイバーパス間でデータをトラフィック管理センター(TMC)に効果的にルーティングします。更に、都市の交差点は、ファイバー導管、集約ポイント、またはTMC障害がバックアップパスを持つように接続されています。


チャレンジ

このプロジェクトではセキュリティが最優先課題でした。事前に承認されたネットワークデバイスへのアクセスを確認するには、展開されている全てのスイッチに安全なRADIUS認証プロトコルが必要でした。更に、デバイスやパスに障害が発生した場合にネットワークを継続的に利用できるように、複数のレイヤーでネットワークを冗長化する必要がありました。


ネットワークソリューション

EtherWANは、高度道路交通システム(ITS)のマスタープランの設計と、VLAN、マルチキャストルーティング、OSPF、200近くの信号交差点で構成される都市のITSネットワークの冗長性の技術的実装を支援しました。

ネットワークは、5つのゾーンに分割されるように設計されています。このアプローチは、ネットワークパフォーマンスを低下させる可能性のあるブロードキャストストームとフラッディングの数と重大度を制限することです。

ゾーンに分割することでもセキュリティを向上させます。ゾーン構造に従うために、簡単で論理的なIPスキームが実装されました。 このソリューションでは、各交差点に1つのネットワークスイッチがあり、各ゾーンに4つのハブがあります。各交差点は、冗長性のために2つのハブに接続されています。ビデオ監視カメラからの大量のデータを管理するために、各ハブ間に10ギガビットスイッチが設置されています。仮想ルーター冗長プロトコル(VRRP)は、ネットワーク内のレイヤー3スイッチの冗長性に使用されます。

このネットワークを構築するために、次のEtherWAN製品が採用されました。
EG97000 ハブを接続し、ゾーンとTMC間のルーティングを行うためのEG9700028ポート強化マネージドレイヤー3スイッチ
EX77964 ハブへの交差点用のEX77964Liteレイヤー3強化マネージドマネージド24ポートギガビットと4ポート1G/10G SFP +スイッチ


結論

最新のITSシステムは、都市交通ネットワークに新しいサービスと管理機能を提供できます。EtherWANは、大規模なネットワークに必要な容量を提供するだけでなく、重要なトラフィックインフラストラクチャのセキュリティと冗長性の要件を満たしながら、将来のアップグレードのニーズにも対応できる統合ソリューションを提供できることを実証しました。


Related Products:


EtherWAN – " When Connectivity is Crucial "
For more information, please contact: [email protected]