Back to top

EtherWANによるファクトリーオートメーションシステムの接続性向上



概要

自動車製造工場は世界最大級の産業施設であり、毎日何千台もの自動車が生産されています。自動車組立工場は、最先端のロボット技術を利用しています。ロボットマシンは、産業オートメーションにおいて、作業者にとって好ましくないありふれた反復作業を行うために使用されます。


テクノロジー

従来、産業用オートメーションのアプリケーションでは、シリアルプロトコルが優先的に使用されていました。イーサネットは、独自のプロトコルを持つ大手ベンダーに受け入れられなかったため、90年代前半までは工場現場でイーサネットが広く受け入れられませんでした。新世代の機器は、制御業界向けに開発された新しいIPプロトコルが使用されています。製造施設がIPプロトコルを利用した新しい機器を導入する際には、新しいイーサネットベースのネットワークインフラが必要になります。


チャレンジ

産業用制御機器の環境は、コンピュータールームやオフィスに比べて厳しいものです。ネットワーク機器やシステムは、高レベルの電気ノイズ、ほこり、汚れ、湿度、極端な高温や低温に耐えることができなければなりません。工場を24時間、365日稼働させるには、工場のコントローラーがドライブシステム、オペレーターワークステーション、I/Oデバイスに組み込まれたデータにリアルタイムでアクセスする必要があります。例えば、ボトルの充填作業を終了するには、次のページのインターネットサイトにアクセスより、遥かに時間に敏感な作業なので、シームレスな通信が必要です。


ソリューション

自動化制御アプリケーションは、大きなパケットサイズに対応するための帯域幅よりも、データ伝送の精度が求められます。パケットロスが発生すると、操作フローが混乱したり、、コストに見合わない結果になったりする可能性があります。EtherWANの「αリングトポロジ」は、ネットワークの可用性と信頼性を保証するためのネットワーク冗長性を提供します。接続に問題が発生すると、ネットワークシステムは15ミリ秒以内で回復できます。130台以上のスイッチが接続されている場合も同様の効率性が証明されます。このソリューションは、ロボットマシンにEX94005(5ポートアンマネージドスイッチ)を設置することです。各制御ステーションや組立ステーションには、複数のEX94005アンマネージドスイッチが並んでいる場合があります。そして、全てのスイッチがEX73000(16ポート強化管理スイッチ)に接続して、冗長化されたイーサネットリング環境を形成します。工業地帯の集中管理室にあるEX77000(24ポートハードマネージドスイッチ)も、現場のEX73000スイッチに接続されています。これにより、管理者は生産フローを監視し、要求に応じて適切な対応を取ることができます。


結果

EtherWANの製品は、産業用オートメーションアプリケーションに見られる過酷な環境に適したハードされたヘビーデューティーアプリケーション向けに設計されています。EtherWANの一連のイーサネットスイッチは、危険環境用のUL1604/ISA 12.12.01安全認証と独自技術のαリングを備えており、リアルタイムアプリケーションのデータ通信ニーズを確実に満たすとともに、より柔軟な生産需要を手配するための監視機能も備えています。EtherWANのスイッチを使用した結果、全体的なダウンタイム率が低下し、ユーザーは最大の可用性と最小の日常的なメンテナンスを実現できます。


Related products:


EtherWAN – " When Connectivity is Crucial "
For more information, please contact: [email protected]