Back to top

高所気象観測所における連続的なデータ収集と転送



リモートから中央ワークステーションにデータを報告する気象設備を接続するには、ネットワーク環境が必要です。 新しいシステムは、既存の気象データ収集システムと統合され、長距離データ伝送用のファイバーベースのイーサネット設備を実装します。


概要

標高3,776メートル、富士山は日本一番高い山です。長年に渡り、富士山頂に位置する測候所は、気象観測の拠点として大きな役割を果たしてきました。近年、このステーションは一般の科学者が使用できるようになったため、その標高の利点を生かした多くの新しい研究が行われました。現在、富士山頂の気象データは富士山に設置された気象観測機器により自動で採取されます。リモートから中央のワークステーションにデータを報告する気象設備を接続するには、ネットワーク環境が必要です。


テクノロジー

この気象観測構造は、リモートウェブカメラや検出器と接続してセンサーデータを収集、処理し、現在の気象情報を富士山観測所内と世界の気象情報ネットワークの一部として外部に配信するために使用されます。新しいシステムは、富士山内既存気象センサー及びデータ収集システムと統合されますが、長距離データ伝送用にファイバーベースのイーサネット機器を実装しています。


チャレンジ

全てのデータ転送はネットワークに依存しているので、ネットワーク設備の信頼性は最優先事項です。設備は、平均最低気温が-15℃、平均風速が15m/秒という厳しい気候条件に耐えられる必要があります。産業用イーサネット接続設備の決定は絶対に必要です。一部の地域では、地理的条件により光ファイバーケーブルの設置が不可ですが、イーサネット伝送が損なわれることはありません。 利用できる通信回線は、昔そこに埋もれていた電話線だけです。


ソリューション

センサーとデータ取得装置はユーティリティタワーに設置されています。 信号は IP に変換され、リモート中央管理室に送信されます。その間、EL900産業用メディア コンバーターがファイバー接続用に選択されています。産業用アンマネージドスイッチも付属しています。次に、データは、EtherWANのED3541産業用イーサネットエクステンダーを使用し、電話線を通してローカルコントロールに送信されます。


結果

完成したネットワーク構造は、EtherWAN の産業用アンマネージド及びマネージド スイッチとメディアコンバーターを使用して構築され、富士山の一部としてリアルタイムの気象観測システムを提供します。EtherWANはローカル ITルームに配置された、リモート接続と接続監視ステーションを集約する、ラックマウント型の商用グレードのマネージドスイッチEX3224 (24 ファイバー接続) も提供します。EX3141産業用イーサネットエクステンダーを電話線で使用するというアイデアは、ソリューションプロバイダーに低コストの代替手段を提供しました。長距離イーサネットが必須でありながらコストがかかり、ファイバーの設置が懸念される場合、より多くのプロジェクトが同じテクノロジーを使用します。


Related products:


EtherWAN – " When Connectivity is Crucial "
For more information, please contact: [email protected]