Back to top

アルファリング冗長化プロトコルによるビルディングオートメーションシステムの強化



概要

気候変動は深刻な問題になっています。エネルギー使用量の制御は、排出量の削減に役立つ主要な要素になっています。建物のエネルギー消費量とCO2排出量を効果的に管理するために、コンピュータシステムを使ってビルのエネルギー使用量をリアルタイムに監視し、必要に応じて調整しています。エネルギー管理システムは、建物のエネルギー消費量とCO2排出量、を効果的に管理することで、快適性の向上、居住者の安全性の確保、建物所有者の省エネ、環境への負荷の低減を実現します。


テクノロジー

エネルギー管理システムは、一連のハードウェアとソフトウェアアプリケーションを利用して、建物の居住者のニーズに合わせて空気、水、電気の使用量をバランスよく調整するものです。暖房、換気、空調、照明は、居住者のニーズに基づいて、リアルタイムで部屋ごとに調整されます。センサーとタイムスケジュールを使用して、システムは必要に応じてエネルギーを供給し、エネルギー使用量を予測できます。


チャレンジ

このケースは、最高の建物のエネルギー効率システムとネットワークの目標を達成することです。何百ものモニターと制御デバイスがシステムに接続されています。これらのデバイスは大きな建物全体に分散していますが、中央の制御ポイントに接続する必要があります。ネットワークインフラストラクチャ計画は、各デバイスを中央制御ポイントに接続するように設計する必要があります。監視装置と制御装置の間の継続的な通信は非常に重要です。中断のないデータ通信を実現するために、冗長化されたネットワーク構造が必要です。


ソリューション

プロジェクトの主要な目的は、中断のないデータネットワークを確立することです。温度センサー、エアコンコントローラー等の端末機器からのデータは、ネットワークを介してコントロールセンターに送信する必要があります。ネットワークと電力の冗長性システムは、建物管理計画の一部と見なされます。EtherWANは、最高のイーサネット冗長ソリューションであるAlpha-Ringを開発しました。この設置では、各フロアにAlpha-Ringトポロジを持つ複数のEX63000(産業用マネージドスイッチ)が搭載されています。これらのスイッチは、数百のLon Works I/Oデバイスとダイレクトデジタルコントローラー(DDC)を接続します。4つフロアはそれぞれ2番目のアルファリングも形成します。EX70900(高耐久性ギガビット・マネージド・スイッチ)は、ネットワークの冗長性を高めるデュアルAlpha-Ringで構成されています。 EtherWANで強化されたマネージドスイッチは、バックボーンルーターでリンクアグリゲーション制御プロトコル(LACP)を利用するようにも構成されています。ルーターは、EM1000(Fiber Media Converter)を介して光ファイバーインターフェースで通信します。冗長化イーサネットネットワークは、建物のエネルギー管理のためのリアルタイムの監視/制御を実現しています。


結果

EtherWANは、シームレスなデータ通信インフラストラクチャを提供して、システムによってリアルタイムのステータスが表示されるようにします。 EtherWANの包括的なコアテクノロジーと強力なソフトウェア設計能力に基づいて、このネットワークはより優れたデータパスの冗長性を提供します。 EtherWAN独自のAlpha-Ringテクノロジーは、最高のデータパス冗長性パフォーマンスを提供し、最大リカバリ時間は僅か15ミリ秒で、業界で最高のパフォーマンスです。リング冗長トポロジ、デュアルアルファリングとLACPの3つのリングを使用することにより、このネットワークで予期しないデータの中断が発生することはありません。


Related products:


EtherWAN – " When Connectivity is Crucial "
For more information, please contact: [email protected]